スナップで撮るなら単焦点3本で十分

スナップで撮るなら単焦点3本で十分

スナップで撮るなら単焦点3本で十分

では、実際にカメラ本体とレンズを所有する場合、どのような組み合わせがいいでしょうか?

そのベストチョイスを選ぶためには自分がどのような写真を撮りたいか、という前提がなければ決められません。

たとえばスポーツ写真が撮りたいという時は中・長望遠(70~200mmぐらい)の明るい(F4.0ぐらい)ズームレンズを欠かすことはできませんし、花の写真が撮りたいというのならばマクロレンズは必携です。

中・長望遠レンズを持つ際、ブレを極力少なくするために強固な三脚が必要になってきますし、植物を撮るならマクロ専用のリングストロボが必ず必要になります。

予算配分を考えなければいけないポイントですね。

スポンサーリンク

撮りたい被写体が決まっているならレンズの組み合わせ、最初の1本を決めやすくなりますが、もちろん被写体が決まっていなくても十分にデジイチを楽しめるレンズはたくさんあります。

まず、スナップ写真から始めるなら50mmと広角系28mm、それから100mm前後の中望遠レンズがあれば楽しい写真を撮ることができます。

デジイチが登場した頃は撮像素子にホコリやチリがつきやすいのでレンズ交換はお勧めできない、というようなことも言われましたが、現在はカメラ機能で撮像素子を振動させてホコリやチリを落とすことができるようになっています。

被写体に合わせて頻繁に(もちろん風の強い日や海岸など砂が舞うところは要注意です)レンズ交換を行い、デジイチの楽しさを満喫してください。

スナップを繰り返していると必ず撮りたい被写体が見つかるものです。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional