ティルトレンズで撮るジオラマの世界

ティルトレンズで撮るジオラマの世界

ティルトレンズで撮るジオラマの世界

大きな建物を近くから撮ろうとすると、どうしても広角系レンズが必要になりますが、建物の歪みだけは避けられません。

この建物の歪みを矯正するにはアオリという技術が必要です。

大判カメラの場合、蛇腹の前後にレンズボードとフィルムボードがついており、これを斜めにすることで歪みを矯正できる技術をアオリといいます。

建物が反射した可視光線は歪んでレンズに入ってきているので、レンズ、あるいはフィルムボードを傾けることによって逆の歪みを発生させ、建物の歪みを補正します。

デジイチは蛇腹がついているわけではないので無理、ではないのです。

スポンサーリンク

この大判カメラのアオリ技術を利用したレンズがティルトシフトレンズ。

レンズを上下にずらすことで光軸の歪みを矯正させることができます。

キャノンではTS-Eシリーズ、ニコンではPC-Eシリーズの名称で焦点距離の異なったティルトシフトレンズが販売されています。

かなりプロ向きのレンズなのですが、最近、このティルトシフトレンズを使ったユニークで新しい写真技術が脚光を浴びています。

それは街の全景を高い位置からこのレンズを使って撮ると、遠近感が失われてジオラマ的風景になり、まるで模型の街をマクロレンズで撮影したような写真になります。

こんなティルトシフトレンズの使い方もあるんですね。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional