ニコン対キャノン

ニコン対キャノン

ニコン対キャノン

コアなカメラファンになるほどニコン派とキャノン派に分かれます。

フィルムカメラの時代は確かに圧倒的なほどニコンに優位性はありましたが、デジタルの時代に入ってむしろキャノンは一時的であるにせよ、性能的にはニコンを上回っていた時代があります。

今となってはグレードによる性能の違いはあってもメーカーとしての技術力に大きな差はありません。

派閥の言い分を聞いていても整然と納得させる材料はほとんどありません。

ニコンの方が歴史は古い、とか。

スポンサーリンク

確かにニコン、日本光學工業株式會社は1917年に創立され、光学兵器を作っていた経歴を持っていますが、カメラを先に作ったのはキャノンで1936年にハンザキヤノンを販売しています。

ニコンが戦後、光学メーカーとして再出発、カメラを販売したのは1948年のことです。

でも、こう書くとまたニコン派から文句を言われそうですね。

そうです、確かにキャノンの第1号機、ハンザキヤノンのレンズその他の光学装置は当時のニコン、日本光學工業より提供を受けたものです、はい。

そんなワケでキャノンもニコンも日本カメラ史のなかで切磋琢磨したことが日本のカメラを世界の檜舞台に押し上げた原動力になりました。

デジイチを最初に決める時、カッコとかシャッター音とか、出来上がりの写真の色具合とか、そんなフィーリングで決めるのが一番いいでしょう。

ニコン派だのキャノン派だの、そんな煩いことを言う連中の話なんか耳を傾けなくてもいいです。

正直、どっちもいいものですから。

閑話休題、ということで。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional