マウントアダプターを使う

マウントアダプターを使う

マウントアダプターを使う

シグマやタムロンといったレンズ専門メーカーはキャノン、ニコン、あるいはソニー用などメーカーに対応していますが、ニコンのレンズをそのままキャノンに使うことはできません。

レンズとカメラを結合させる部分、マウントが違うからです。

現在、ピント合わせや手ブレ防止などレンズにも電子機能が満載されており、そのための電源と信号をカメラ本体から送るため、カメラマウント、レンズマウントともに各メーカーのオリジナルとなっていることが一般的なので、他のメーカーのレンズは装着できないことになっています。

ただしアダプターをレンズとカメラボディの間に挟むことで違うマウントのレンズを使用することができます。

スポンサーリンク

アダプターのカメラ側をA社のマウントにし、レンズ側をB社のマウントにすることで違ったレンズを取り付けられるこの機器、マウントアダプターと呼ばれ、今ではさまざまな会社からいろいろなマウントアダプターが販売されています。

古いレンズや違うメーカーのレンズが使えるようになって写真も楽しくなりますが、一般的なマウントアダプターはカメラ本体が送る信号や電源まではサポートしていないのでレンズのピント合わせはマニュアル操作になります。

それでも違うメーカーや古いレンズを使うのはいつもと違った写真の仕上がりになるので、そういったレンズを手に入れた時でもマウントが違うからといって諦めず、マウントアダプターを購入してぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional