マクロレンズの特性

マクロレンズの特性

マクロレンズの特性

デジイチの魅力はレンズ交換ができることです。

これは単焦点をいろいろと変えるだけでなく、特性を持ったレンズや他のメーカーのレンズを使えるという楽しみもあります。

特性を持ったレンズで代表的なのがマクロレンズ。

被写体を大きく写すことができるレンズですね。

花や小物、料理などを撮る時に大変、重宝するレンズで、焦点距離によっては絞りを高くしても周囲をボカせて被写体だけを撮影できる特殊な機能を持っています。

スポンサーリンク

コンパクトカメラにこの機能がついていることもあるので使ったことのある人は多いでしょう。

デジイチの場合、マクロレンズといっても1種類ではなく、用途によって使い分けられる種類があります。

まず標準マクロと呼ばれているのが焦点距離50~60mmのレンズで、撮影倍数は0.5倍の大きさにすることができます。

被写体までの最短撮影距離は30cmまで近づくことができるので、指輪やアクセサリーなどの小物を撮る時に役立つ他、50mm標準レンズとしても使えるメリットを持っています。

この他、90~100mmを中望遠マクロ、180~200mmを望遠マクロと呼びます。

マクロ機能としてもっとも効果が高いのは中望遠マクロで、被写体をほとんど同じ大きさで撮影することができ、背景のボケも色や形が比較的きれいに出やすいと言われています。

望遠マクロは近づけない被写体を大きく写す時に便利で、被写界深度も極めて低くなるので背景を完全に飛ばすこともできますが、焦点距離が長くなる分、ブレやすくなるというデメリットを持っています。

もし花や群がる蝶、蜂など自然を撮る趣味なら100mmマクロ、とくにマクロを持っておく必要はないけれど、とりあえず、という人には50mmがいいでしょう。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional