自分が動くから楽しい単焦点レンズ

自分が動くから楽しい単焦点レンズ

自分が動くから楽しい単焦点レンズ

撮像素子が大きくて単焦点レンズを装着している高性能のコンデジ、じつはカメラファンに取って外せない1台、手に入れたい1台です。

レンズが本体専用に作られているので高い収差補正を持っており、廉価版ズームレンズの同じ焦点距離よりもクオリティの高い写真が撮れることは間違いありません。

プロのカメラマンでもサブカメラとして、あるいは撮影の合間用として持っている人が多く、メインカメラが壊れた時でも緊急用として十分に役立てることができます。

単焦点って不便じゃない?

そう思う人こそ、デジイチよりも前に高性能コンデジを使うべきでしょう。

スポンサーリンク

28mmや35mm(これを標準に入れる場合もあります)は広角系ですが、スナップを撮るには最適のレンズで、この焦点距離を生かした撮影をするのが楽しいカメラ、つまり構図や被写体の位置を考えながら撮るカメラなのです。

単焦点レンズの面白さはここにあります。

遠くの被写体をズームで大きくし、近距離の撮影対象はワイドで小さくして撮影すると、被写体のサイズはつねに一定です。

記録写真ならばそれでいいのですが、趣味で撮ると面白みがまったくない写真になります。

単焦点レンズは興味を引く被写体を見つけた時、写真に収める構図を決めるためには自分が動かなければなりません。

高いところへ昇ったり、しゃがんで近寄ったり、わざと被写体を小さくして空間を与えたり、いろいろな構図を決めていくうちに面白い写真を撮れるのが単焦点レンズの魅力なのです。ホント、1台欲しいですよねぇ、X100S。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional